バックフォグランプはその名の通り、濃い霧などの悪天候の時にテールランプをブレーキランプと同じ明るさに常時点灯し続けるランプです。後続の車に自車の存在を明確にすることが目的のランプですが、ヨーロッパ車のような輸入車には古くから搭載されていた装備です。


国産車がこの装備を搭載し始めたのはつい最近の事です。悪天候時の安全確保と言う意味では有効な装備ですが、ブレーキランプと同じ明るさまで高い光量となるように設定されているうえ、光を集光するレンズが装着されているので悪天候時以外に使用すると後続の車の運転者にとっては眩しい位になってしまい、後続車に迷惑を与えてしまう事になります。日本人にとっては余り慣れていない安全装備ですから、後続の車への配慮がされていないのでしょうが、あくまでフォグランプという事で視界不良時に使う装備であり、視界が良い天候の時には使う必要が無いものであることは理解しておきましょう。また、古いタイプの輸入車の中には左右両方のフォグランプが同時に点灯するのではなく、片側だけを独立させて点灯させるタイプの車があります。このように片側のテールランプだけがフォグになる変則的な車もありますが、故障ではありません。